おまとめローンで返済の負担を軽く

カードローンを複数社契約している人なら、毎月の返済のやり繰りも相当大変になります。現在の返済の負担を軽くする方法として、おまとめローンがあります。

 

通常おまとめローンで金利が上がるという話は聞きません。金利が高くなるおまとめローンなんて需要がないので、当然です。

 

おまとめローンには様々なメリットがありますが、デメリットもあります。おまとめローンで金利は下がったのに返済総額は増えてしまうなんて笑えない話もあります。デメリットと注意点にも着目して、後悔しないおまとめローン選びをしましょう。

 

おまとめローン利用前に

 

おまとめローンのメリットはたくさん

おまとめローンにはたくさんのメリットがあります。金利が下がるというのはわかりやすいメリットの1つです。しかし、実際に複数社から借りている人にとっては、現在の負担が軽くなるというわかりやすいメリットの方が、ありがたく感じるかもしれません。

 

おまとめローン契約後は返済先が1か所にまとまります。つまり、返済も月1回でまとまります。複数社で借りているとそれぞれに返済しなければならず、返済日もバラバラなら多くの時間を返済手続きやそのやりくりに費やします。手間がかからないというのは大きなメリットです。

 

また、おまとめローンなら毎月の返済額も縮小できます。金利が下がる点もおいしいですが、金利が下がった分、毎月の返済額を下げるのも可能です。それまでA社に1万円、B社に2万円、C社に5,000円返済していたのが、まとめるだけで30,000円の返済で済むようなケースも珍しくはありません。

 

返済計画が立てやすくなるというのも重要なメリットです。1社からの借入であれば、毎月いくら返済して、いつまでに完済できるのかのシミュレーションが容易になります。返済計画がしっかり見えてくれば、完済までのモチベーションもあがり、返済しやすくなります。

 

実際、おまとめローンにしたのをきっかけに長年利用していたカードローンを完済できたという人もいます。これはイメージがされる場合が多い銀行でのおまとめローンに限らず、消費者金融でのおまとめローンでも同様です。

 

メリットとデメリットをしっかりと知っておけば、消費者金融で借りるモビット福井でのおまとめローンでも銀行ほどではないとしても、優れた条件で借りながら借金の完済ができるようにもなります。

 

おまとめローンのデメリットとは

一見するとメリットだらけに見えるおまとめローンですが、その根底には低金利で借り換えられるという点があります。金利が上がる所にわざわざまとめる人はいないので、条件が良い所にまとめるのが前提となります。しかし、金利が下がるから返済総額も下がるとは限りません。

 

金利が下がったとしても、毎月の返済額が下がれば、元金の減りが緩やかになります。そうなると、金利が下がったとしても長期間利息を取られるため、返済総額が増えてしまう場合があります。おまとめローンを利用する前に、返済総額でいくら差が付くのか、得をするのか損をするのかを調べておくべきです。

 

また、おまとめローンにも審査があります。審査に落ちてしまうといくら魅力的な金利でも、まとめられません。審査では今までの返済がきちんと行われていたかどうかも重要なので、普段から返済が滞っている場合、審査に通るのも厳しくなります。

 

おまとめローン利用時の注意点

おまとめローンのデメリットも考えた上で、決める前の注意点が2つあります。1つは返済総額にも注目するという点です。ただし、返済総額が上がるからおまとめローンが失敗と一概には言えません。毎月の返済の負担が軽くなるので無理なく返済を続けていけるというのをメリットに感じる人も当然います。

 

もう1つの注意点が決断のタイミングです。おまとめローンには審査があり、現在利用しているカードローンの返済履歴も重要になります。返済が間に合わなくなって遅れだしてからまとめようと思っても、審査が厳しくなります。検討するなら返済が追いついている内に決断するのが望ましいです。

 

おまとめ先として人気が高いオリックス銀行カードローンの契約も返済が正常に行えていないと進められないため、返済ができなくなってからのおまとめローンを検討するのでは遅いのです。

 

なるべく早めの決断と実行が求められ、高い金利での大きな負担での返済を続けないためにも、低金利のおまとめ利用先を見付けたら早めに手続きを進めると良いでしょう。