完済までの計画を立てる

おまとめローンで一本化すると、金利や毎月の返済額を抑えられます。ただし忘れていけないのは返済総額です。

 

金利が下がる分毎月の利息は抑えられますが、毎月の返済額を減らせば返済期間が長くなります。結果、返済総額はかえって損をするケースもあります。おまとめローンを検討しているなら、完済までの計画をきちんと立てるのは重要です。

 

金利は低いに越したことはありませんが、重要なポイントは2つあります。毎月いくらの返済なら無理なく返せるかと、その金額でどの位の期間で完済できるかです。これは両方ともきちんと把握しておく必要があります。

 

というのも、おまとめローンで計画性がないと、毎月の返済額が減った点だけに満足して、ちょっと困ったらまた借入れで元金が膨らんでしまうという人もいるからです。毎月の返済額と完済までの期間の両方を確認しておくだけで、完済までのメリハリがつきます。

 

まずは毎月いくら返済しなければならないかの確認をしますが、それで終わってはいけません。おまとめローンでも繰り上げ返済は可能なので、必要に応じて毎月の返済額を引き上げるのは容易です。完済までの期間が長すぎると感じたら、毎月の返済額を繰り上げて、支払総額も抑えていきましょう。

 

積極的に返済を進めるおまとめローンであれば、銀行に比べて金利面で劣ってしまう府中のモビットで借りる消費者金融での一本化であっても、返済の総額や負担は軽くできるようになります。

 

だらだらと長期に渡って返済を行うと金利が低くても返済の負担は大きくなっていくので、短期間で返し終える予定のおまとめローンであれば、手続きが手軽で早いモビットなどの消費者金融でのおまとめローン利用も考えてみると良いでしょう。