同じ金利でおまとめした理由

毎月の返済の負担を軽くするには、おまとめローンが便利です。低金利な所へまとめる人が多いですが、消費者金融複数社の借入れを消費者金融へおまとめするという選択肢もあります。消費者金融は金利が高いと言われているので、まとめる意味が分からないという人もいるかもしれません。

 

しかし、たとえ金利が同じでもまとめるメリットはあります。

 

例えばプロミスで30万円、アイフルで20万円の借入れがあって、アコムに50万円でまとめたとします。金利はプロミスが17.8%、アイフルが18.0%、アコムは18.0%だと仮定すると、逆に金利がちょっとだけ上がります。

 

ただし、まとめるだけで毎月の返済額が下がる場合があります。プロミスで30万円借りた場合の返済額は毎月11,000円となります。アイフルで20万円借りた場合の返済額は毎月8,000円です。毎月計19,000円の返済の負担が辛いなら、金利が同じでもアコムにまとめるメリットはあります。

 

アコムで50万円借りた場合、毎月の返済額は毎月15,000円に下がります。金利が同じでも毎月の返済の負担が減るので、無理なく返済しやすくなります。

 

ただし金利が同じで毎月の返済額が少ない場合、完済までの期間は伸びますし、返済総額も上がってしまいます。メリットだけではないので注意が必要です。

 

消費者金融でのおまとめローンも使い方次第では悪いものではありませんが、契約にあたっては通常の借り方のようにWeb契約とはならない場合もあるので注意が必要です。アコムにしてもプロミスにしても、通常のカードローン利用であればネットで申込みと契約が行えますが、おまとめローンとなると手続きが変わります。

 

プロミスの場合で見てみると契約にあたっては来店が必要となるため、どうしても店舗や契約機が近くにないと手続きが進めにくくなってしまいます。多くの契約機の設置がある地域ならプロミスさいたま市のように便利に素早く手続きが進められますが、近くに設置がない地域の方の場合には問い合わせるなどして手続きをどのように進めるかを確認しなければなりません。