銀行にまとめたら楽に

カードローンを複数社で利用していると、返済の苦労も絶えません。そこでおまとめローンで1本化してしまうだけで、返済の負担が軽くなります。金利が下がるからと言って、毎月の返済額だけで損得は決められませんが、それでもメリットは多く、毎月の返済額を同じ金額にすれば確実に得をします。

 

もしも消費者金融ばかりでお金を借りているなら、その多くで金利は18.0%が適用されているのではないでしょうか。大手消費者金融での100万円未満の借入での金利相場が18.0%です。これらを銀行にまとめると、金利が驚くほど低くなる可能性があります。

 

一例を挙げると誰でも名前をしっている三井住友銀行があります。最高金利14.5%なので、確実に14.5%以下の金利でまとめられます。もちろんおまとめでの使い道にも対応しています。

 

三井住友銀行も限度額が増えるほど金利が下がる傾向にあります。もしも借入総額が100万円を超えるのであれば、金利は大幅に下がります。

 

三井住友銀行のカードローンの場合、100万円以下の限度額で金利12.0%~14.5%、100万円超200万円以下なら金利10.0%~12.0%が適用されます。まとめたいローン総額が100万円を超えるなら、最悪でも12.0%という低金利でまとめられます。現在の金利が18.0%だとすると大幅に金利が下がります。

 

やはり金利を下げたいと考えるおまとめローンなら銀行が優れており、限度額によって金利が低くなるオリックス銀行カードローンおまとめが人気となるのもそういった理由からです。

 

おまとめローンは多くの借入れを一本化するために大きな金額を借りる場合が多く、限度額も大きくなりがちなために金利も下がりやすいです。金利が下がれば返済の負担も軽くできるので、余裕のあるプランでおまとめローン利用後の返済が進められるのです。